札幌証券取引所

札幌証券取引所創立70周年

本所は2020年、創立70周年を迎えました。

札幌証券取引所はおかげさまで70周年

ごあいさつ

小池 善明

札幌証券取引所 理事長小池 善明

札幌証券取引所は、2020(令和2)年4月をもって創立70周年を迎えました。
1950(昭和25)年4月に発足し、北海道の戦後の復興と経済成長の中で証券取引所としての役割を果たしてまいりました。

まさに昭和、平成、令和と激動の時代をこの北海道の大地で皆様とともに歩んできた70年と言えます。

近年の金融・証券業界では、1990(平成2)年以降のバブル崩壊、1996(平成8)年以降のいわゆる日本版金融ビッグバンの展開が特筆されるものでありますが、この著しい環境の変化に対して、北海道などの地方ではまさに知恵と行動力が求められるものでした。

札幌証券取引所では、2000(平成12)年4月新興市場となる新市場アンビシャスを開設、2003(平成15)年に札幌未来戦略研究会、2009(平成21)年に北海道資本市場会議を立上げ、これからの札幌証券取引所をどうしていくのか、常に北海道の将来を見据え、取り組んでいくこととなりました。

こうした活動により、現在、本所の中期の戦略となる「三本の柱」が示されることとなります。

企業の育成と上場の促進、投資家に利用してもらえる商品の拡充、そして金融・証券の情報発信の強化、こうした活動を行えておりますのも、関係各位の御支援と御協力によるものであり、ここに改めて深い感謝の意を表する次第であります。

北海道の企業から親しまれ、上場しやすい地元密着型の市場として、また、企業を支える投資家から支持される市場として、これからも北海道経済の発展に貢献してまいります。

今後とも、一層のご厚情とお引き立てを心からお願い申し上げます。

70周年記念動画